映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. その他のカルチャー
  2. 26 view

死闘!全日本フィギュア選手権

全日本フィギュア選手権女子シングル。
3位までに入れば来年の世界選手権に出られるとあって、
各選手の意気込みは並大抵のものではありませんでした。
とはいえ、
今や世界でもっとも熾烈な国内争いをやっているのが、日本女子。
「3位」は決して誰かさんの指定席では済まされないのです。
ショートプログラムの結果、
最終滑走の6人には、現在の日本のトップ6が
きれいに集まった感あり。
ショートで僅差の1位に立った中野ゆかりを
トリプルアクセルを封印かつ3回転3回転でミスをした真央ちゃんと
納得のすべりを見せたものの3回転3回転を認められなかった安藤が追う展開。
ところが。
第一滑走の鈴木明子が情熱的なフリーを奔放に踊りぬき、
高得点をたたき出して上位を脅かす。
興奮さめやらぬリンクに立った村主は、
カナダ大会を彷彿とさせるほぼ完璧な滑りを見せ、
SPではほとんど並んでいた鈴木を、
彼女の高得点をさらに5点近く引き離してトップに躍り出た。
そこへ、sp1位の中野。
安全策をとりトリプルアクセルを飛ばずに始めたが、
途中でミスを連発、全体的に浮き足立った調子で、
なんと、鈴木より下。
優勝争いどころか、これでは3位以も難しい。
昨日のSPで見せた緻密な滑りを、続けて見せることはできなかった。
中野は「足首がかたかった」とフリーの演技を振り返る。
SP4位の武田も、
怪我をおしての出場ながら、丁寧な滑りでまずまずの出来。
満足な笑顔でシーズンをしめくくった。
さて、安藤。
直前の練習で村主と接触、右ひざを強く打ってしまった。
3回転3回転は入れられず
1回転倒してしまったものの、鈴木を抑えて3位。
怪我に泣かされることの多い安藤だが、
「どうしても世界選手権に行きたかった」という強い思いが
彼女をしっかりと表彰台まで送り届けた。
こうなると、真央ちゃん敵なし。
トリプルアクセル2回プラス3回転3回転を成功させ、
一人別次元で踊りきった。
フィギュアを見ていていつも思うことだが、
ショートとフリー、2本続けてパーフェクトというのは
本当に難しい。
1位で折り返すプレッシャーも並大抵ではない。
滑走順もさまざまに影響する。
その上、「勝つ」ことを当然のように期待されながら氷の上に立つ者たち。
その緊張に打ち勝つために彼ら彼女らがしている練習は
いかに過酷なものなのか。
凡人にはマネのできない勝負である。
今シーズン、「初めて勝ちたいと強く思った」という村主は、
同点ながらグランプリシリーズ出場を逃した悔しさを
世界選手権出場という形で晴らしたことになる。
今度こそ頂点に立てるかと思った中野は、
再び「自分に足りないもの」を探す旅に出なければならない。
私は、今回のショートプログラムで久々に安藤の才能に圧倒された。
「SAYURI」の音楽で彼女が表現したかった世界を
初めて見ることができたのだ。
彼女の深い表現力、音楽とのシンクロは、
高い集中力と調子の良いジャンプがあって初めて本領を発揮する。
願わくば、次の世界選手権で、安藤がもてる力をすべて発揮し、
万全の体制で最高のパフォーマンスができることを!

その他のカルチャーの最近記事

  1. 「知らない人」を入れることになったキアリス

  2. 朝ドラ「べっぴんさん」見てますか?

  3. 「乙女のポリシー」@美少女戦隊セーラームン

  4. 「あさが来た」と「エースをねらえ!」

  5. 朝ドラ「あさがきた」がスカーレット・オハラな件

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/nakanomari/gamzatti.com/public_html/wp-content/themes/zero_tcd055/comments.php on line 145

PAGE TOP