映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. その他のカルチャー
  2. 15 view

ダーツの旅

所さんの「笑ってこらえて!」はかなりの長寿番組。
その中でも、
「日本全国ダーツの旅」が好き。
時たまやる「世界ダーツの旅」はもっと好き。
今夜のスペシャルでは、ウズベキスタンに行っていました。
かつてシルクロードの要衝の地として栄えたホラズムの
主要な都市のひとつ、ウルゲンチ。
砂漠のオアシスです。
緑豊かで、果物が豊富で、人々は気さくで陽気。
一度行ってみたいな、と思わせるお国ぶりでした。
東西の文化の交流地でもあり、
美人さんも多かったです。
ウズベキスタンは、17年前にロシアから独立しました。
1991年かー。
今、チェチェンとかオセチアとか、
紛争を抱えている国境の国が多い中、
ウズベキスタンは17回目の独立記念日を楽しく祝っています。
ウズベキスタンにも、問題がないわけではありません。
でも、
民族衣装を着た子どもたちの踊り、歌手たちの歌、
それを見て、思い思いに踊りだす観客達、
彼らを見ていると、
明日という、今日の続きがくると不安なく信じられること
その尊さを、かみしめます。
ああ、平和っていいな。
あの明るい笑顔たちに、
私も会いに行きたくなりました。
(追記)
そんなウズベキスタンと日本が、
10/15(水)、サッカーで激突します。
南アフリカで行われる次回のサッカーW杯最終予選。
最近、
とんとサッカーから離れておりまして、
この情熱の覚めようって・・・。
やっぱ私は中田のプレーが好きだったんだよね。
中田が「旅人」になってから、
私はあまりサッカーを見ないです、はい。
それでも、オシムJAPANまでは、
何やかやと必ず応援していたんだけどなー。
ワクワクしない。
夜の夜中、最終予選のプレーに一喜一憂していた
1993年、1997年に比べ。
すべての予選を観に行った2002年の本選に比べ。
あのころの、
地球の裏側までだって届くと信じて
テレビの前で声の限りに応援した
「13番目の選手」としての自負と責任は一体
どこに行ってしまったのでしょうか・・・。
私も悪いけど、
選手にもがんばってほしい。
前へ、前へ。
意志と力のあるボールを、前へ!

その他のカルチャーの最近記事

  1. 「知らない人」を入れることになったキアリス

  2. 朝ドラ「べっぴんさん」見てますか?

  3. 「乙女のポリシー」@美少女戦隊セーラームン

  4. 「あさが来た」と「エースをねらえ!」

  5. 朝ドラ「あさがきた」がスカーレット・オハラな件

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP