映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 12 view

マリインスキーバレエ「ラ・バヤデール」@文京区シビックホール

私のハンドルネーム「ガムザッティ」の由来は、
この「ラ・バヤデール」にあります。
(詳しくはこちら
でも、
私、全幕でこの作品を生で観たことはないの。
昨年、チケットをとったのに観られなかったので、
今回はとても楽しみでした。
それも、大好きなロパートキナがニキヤだし。
私が最初に見た「ラ・バヤデール」は英国ロイヤルバレエのものだったので、
ロシアのマリインスキーバレエのものは、それと演出がかなり違うのは知っていました。
昔は、それがちょっと気になっていた部分もあったのだけれど、
(私はロシアのバレエになじめなかった時期が長かった)
数年前、ボリショイとマリインスキーの合同ガラコンサートを見たときから、
その実力と魅力にぐぐっと惹きつけられて、
今やロシアンバレエも大好きになりました!
ということで、観てまいりましたが、もう、「すごい」としかいいようがない!
ロパートキナのニキヤは、もう、この世のものとは思えない!
ニキヤは寺院の踊り子なのだけれど、
出てきたときは「巫女」。
大きく手を高く広く上げて静かに波立つように動かすと、
もう人間の動きじゃないの。
ゆっくりとした動きは「踊り」でなくて「必然的な動作」として美しい。
一つも無駄なものがない。
ただただ、見とれる。目が離せない。
そして、
邪恋でからみつく大僧正を巫女として拒否します。
でも、
恋人ソロルが出てきた途端に「女」になる。
恋する女になるんです。
同じように完璧な踊りだけれど、醸し出されるのは「人間」としての幸せです。
恋人がほかの女(=ガムザッティ)と結婚するその披露の場で踊らなければならないとき、
その哀しみの舞いに、ひとつの重力も感じられない。
つま先から足首、ひざ、腰まで、見事に一直線。
そのままたゆたう!
上から吊られているくらい、1グラムもつまさきにかかっていないように見える。
もう、すごすぎて、言葉にならない!
もちろん、ガムザッティもよかったし、ソロルもよかったし、
太鼓の踊りもよかったし、壺の踊りもよかったし、
まあ二幕はコールドから何から、エキゾチシズム全開の王朝絵巻を堪能。
蛇にかまれて大僧正からの解毒剤を拒否して、ニキヤは死んじゃうけれど、
ここでまさかのカーテンコールです。
たしかに二幕しか出ないソロの人たちも多いし、
ガムザッティとソロルのパ・ド・ドゥがあってガムザッティはここが見せ場だし、
そういう意味で三幕に出ない人たちのためのカーテンコールだと思っていたら・・・。
なーんと、ニキヤも出てくるじゃないですか!
笑顔でも全然OK。
このまま舞台が終わっても、十分モトがとれた感ありました。
ところがところが!
もう、三幕のいわゆる「影の王国」が、その上をゆく美しさで。
有名な、白いチュチュのコールドたちがゆっくりと一人ずつ現れて、
列をなし坂をジグザグに降りてくるところは、
紗幕がかかっていて、降りるごとに少しずつ足元にライトがあたって道が示される。
そのライティングのすてきなこと!
そして、
ここは英国ロイヤルだろうがロシアのマリインスキーだろうが、
音楽も振付もほぼ同じです。
ミンクスの音楽、プティパの振付、極めつけの決定版の古典ってことですね。
聴かせどころのヴァイオリンソロが、またまた豊かな音で堪能。
そしてクライマックスに向けての耳慣れたフレーズが聞こえてきたときは、
「ああ、もう終わっちゃう! 終わらないで! もっと続けて~!」と
心の中で叫んでしまいました。
でも、終わっちゃうんだよね。
そして大拍手とカーテンコール。
ロイヤルのバージョンと違って、結婚式の場というのはないんです。
筋より見せ場っていうバレエの本質を貫いて、潔いっていうか、
とにかくそんなことはどうでもいいくらい、素晴らしい舞台でした。
それにしても、ロパートキナって、いったいどういう人?
白鳥を見たときと、全然違う印象なんですが。
こんな消えゆくようなキャラクターだったっけ?
万華鏡です。無敵です。
気になっている人は、絶対見たほうがいいと思う。
バレエってこういうものなんだ、ってつくづく思った。
た・だ・し。
ブロンズ・アイドルは、やっぱり熊川哲也が一番ですね。
私は脳内変換していましたよ。
なんであんなことできちゃったんだろう、と思いながら見ていました。
やっぱりすごいダンサーだな~。

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP