映画・演劇・本・テレビ、何でもレビュー

  1. 舞台
  2. 0 view

佐渡猿八座の文弥人形

佐渡島の芸能を東京で観る機会を得ました。
文楽と異なり一人遣いの人形浄瑠璃ですが、人形の右手左手に工夫があって動きがダイナミック。人形のお顔の表情もリアルで見入ってしまいました。
演目は「三番叟」「角田川」と、「山椒太夫」から佐渡に因んだ母との再会場面。
安寿が佐渡に辿りつくも命果てるバージョンを見せていただけきました。

舞台の最近記事

  1. 5月・カンゲキのまとめ

  2. 4月・カンゲキのまとめ

  3. 3月・カンゲキのまとめ

  4. 2月・カンゲキのまとめ

  5. Kバレエ「第九」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP