映画・演劇・本・テレビ、何でもレビュー

  1. 舞台
  2. 0 view

Kバレエ「海賊」ゲネプロ@オーチャードホール

ファンクラブのイベントとしてのゲネプロ見学に
幸いなことに当選し、
初日を前にゲネプロを観てきました。(ただし第一部のみ)
キャストは初日夜の部のメドゥーラ=中村祥子/コンラッド=S・キャシディ組で、
アリが池本祥真、グルナーラが浅川紫織、ランケデム=伊坂文月、ビルバント=杉野慧。
中村祥子がいい!
体中から感情がみなぎっている!
そしてなんという安定感!
プリマの身体です。
キャシディのコンラッドは表情豊かで、そこに演劇的空間が生まれる。
マイムの自然さ、リアルさ、そこから紡がれる心理。
祥子とキャシディが見つめ合うだけで、映画の一コマのような説得力です!
それに比べると、冒頭の祥真アリはまだまだでした。まだまだでしたが…。
一幕ラストのランケデムとのフーガ的デュオはお見事!
あの浮遊感を伴うジャンプ力は、素晴らしい!
一幕だけとのお約束ですからしかたないけど、
二幕のグラン・パ・ド・ドゥが見られなかったのがほんとに残念ですー。
オーケストラもよかった。
明日の初日が楽しみです。
ところで。
舞台の仕上がりもよかったのですが、それより私をワクワクさせたのが、
熊川監督のTシャツ後ろ姿!
背中が水泳選手くらい逆三角形です!
最近でもっとも締まってるんじゃないかと思う。
今回出ないのがもったいない!
今度踊るのは秋の白鳥かなー。
正式にKバレエのゲストプリンシパルになった中村祥子も出るし、
ここかなと思ったりしてます。

舞台の最近記事

  1. 5月・カンゲキのまとめ

  2. 4月・カンゲキのまとめ

  3. 3月・カンゲキのまとめ

  4. 2月・カンゲキのまとめ

  5. Kバレエ「第九」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP