映画・演劇・本・テレビ、何でもレビュー

  1. 舞台
  2. 13 view

3月・カンゲキのまとめ

今月は、確定申告があるので控えめ。それでも歌舞伎夜の部が奇数偶数で役替わりで歌舞伎7、バレエ1で舞台は8、映画は試写含め6でした。

【歌舞伎】

三月大歌舞伎(昼の部)(女鳴神/傀儡師/吃又)(歌舞伎座)
三月大歌舞伎(夜の部)(盛綱陣屋/雷船頭/弁天娘女男白浪)(歌舞伎座)(奇数日/偶数日)
3月歌舞伎公演(元禄忠臣蔵/積恋雪関扉)(国立劇場小劇場)
中津川東濃歌舞伎吉例大会(神霊矢口渡/絵本太功記/増補八百屋献立/野崎村)(東美濃ふれあいセンター歌舞伎ホール)
松竹寺子屋子どもスクール成果披露公演(小学生)(百桃かたり)(歌舞伎座ギャラリー)
松竹寺子屋子どもスクール成果披露公演(中学生)(寿曽我対面/藤娘)(歌舞伎座ギャラリー)
【バレエ・ダンス】
Kバレエ「カルメン」(中村/宮尾)(オーチャードホール)
【映画】
「翔んで埼玉」
「吾郎の新世界/梅子」(アフタートークあり)
【試写】
「VICE」
「NY公共図書館 エクスビブリス」
「パタリロ」
「ねじれた家」
今月の最優秀作品賞は、「中津川東濃歌舞伎」に。
特に「神霊矢口渡」と「絵本太功記」が素晴らしかったです。「野崎村」も、駕籠かきと船頭のしつこすぎるほどのお笑いの後で、お光ぼうの「ととさん!」の一言に会場が泣いた! すごいです。
今月のMVPは、中村勘太郎。
「盛綱陣屋」の小四郎は見事。仁左衛門扮する盛綱とのアイコンタクトに、じわ。難役長丁場をよく勤めました。もちろん、仁左衛門の盛綱、秀太郎の微妙、時蔵の篝火、孝太郎の早瀬、和田兵衛は左團次と、座組充実あればこそ。見ごたえ十分でした。
最優秀主演女優賞は、片岡孝太郎。
「女鳴神」が最高でした。こんなに面白いお話になるとは! ただの色欲ではなく、女ごころがしっかり描けていて本当によかった。ぶっ返った後も、風格がありました。
今月の奨励賞に、寺嶋真秀。
勘太郎と同じく「盛綱陣屋」に、こちらは小三郎として出演。小四郎に比べれば出番は少ないですが、凛々しい鎧姿に、早く「絵本太功記」十次郎が見たくなりました。

舞台の最近記事

  1. 5月・カンゲキのまとめ

  2. 4月・カンゲキのまとめ

  3. 3月・カンゲキのまとめ

  4. 2月・カンゲキのまとめ

  5. Kバレエ「第九」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP