映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 25 view

「リタルダンド」@PARCO劇場

音楽雑誌の編集長として、
飛ぶ鳥を落とす勢いで一時代を駆け抜けた笹岡(吉田鋼太郎)も、50代。
3年前に妻めぐみを亡くし、半年前に洋子(一路真輝)と再婚している。
そのために、息子(松下洸平)は家出をしてしまったが。
元気のない雑誌業界に喝を入れるべく、
笹岡はロックのラブソングをフィーチャーした特別号編集に力を注ぐ。
部下である吉野(高橋由美子)と藤原(伊礼彼方)も彼に一緒だ。
「第二編集部」ともいわれる音楽資料だらけの笹岡邸で、
さっそく3人は編集会議を開始する。
本当は会社で行うはずだったが、笹岡が日程を失念したのだ。
そこへ、洋子の兄・義男(山崎)が来る。
今日は洋子と義男の母の入所日だった。
認知症の母親のことを、義男はずっと介護していた。
けたたましく電話が鳴る。
大学時代から笹岡を知っているライター・泉(市川しんぺー)だ。
「今日はインタビューの日だったでしょ!」
笹岡は編集会議だけでなく、外国人アーティストとのアポまで忘れていた。
泉は場所を知らせるためFAXで地図を送ってきたが、
笹岡はその地図を見てもなぜか理解できない。
最近、物忘れがひどくなった。
何かがおかしい。
笹岡の中から、一つ、また一つ、記憶がこぼれていく……。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
G2演出、中島淳彦作の、若年性アルツハイマーをめぐる舞台である。
いいお芝居を見た、という味わいが残る。
一つ間違えば、理想の介護押し付け話か苦労美談に終わる題材を、
お涙頂戴ではなく、でもじーんとくる結末に仕上げている。
「前にアルツハイマーの取材をしたことがある」ライターを配したおかげで、
へんな説明セリフをほとんどすべて排し、進行を澱ませない。
愛する夫、父親、上司、先輩が壊れていく日々に苦悩しつつも、
決して「かつて」の笹岡へのリスペクトを失わない。
迷いもあるが、その一点がゆるがないから成り立つ物語である。
話のつくりもいいが、
俳優陣の実力とチームワークが半端なく素晴らしい。
一人ひとりの演技に「つくった」感じが見られず、非常に自然。
共感できるリアリティをそれぞれが生み出している。
ディスカッションを繰り返したという。
60年代、70年代の洋楽好きには、音楽をめぐる話題も楽しい。
音楽劇としての面は、一路、伊礼、高橋がさすがの歌声でリード、
門外漢の吉田、市川も奮起している。
ミュージカルミュージカルした「臭さ」を感じさせず、
ストレートプレイのよさと音楽のよさを融合させて心地よい。
音楽は、荻野清子。
G2とは「COCO」「Nine the Musical」でもタッグを組んだ。
三谷幸喜の「コンフィダント・絆」や「国民の映画」も手がける。
シンプルななかに、哀愁と温かさが漂う。

「リタルダンド」

東京・渋谷のPARCO劇場で7月31日まで。
その後8月5日に名古屋アートピアホール、
8月6日、7日に大阪のシアターBRAVA。
清清しい笑いと涙の2時間。ぜひ。

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP