映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 9 view

「山の巨人たち」と平幹二郎

おととい、NHKの「芸術劇場」で
「山の巨人たち」をやっていました。
それに先立ち、
スタジオで、主演の平幹二郎さんのお話が聞けました。
去年「リア王」をやった時の感想が、胸にしみました。
自分はそれまで「熱い」演技が多かったが、
今度は余分なものはそぎ落としていこうと思った。
自分にしみついたものを変えるのは大変だった。
初日の舞台に上がったとき、
板の上で、自分は「独りだ」と感じた。
しかし、それはさみしい孤独ではなく、「自由」な感覚。
その「自由」のおかげで、
千秋楽まで舞台がうまく回った、とのこと。
そして
「去年は、私にとって『演劇ゼロ年』です」
ゼロ年ですよ。芸歴54年の方が。
すごいです。
探求精神のかたまりです。
こんな人でも、「山の巨人たち」はつかみどころのない話で、
台本を読んでも、書いてあることがすぐには飲み込めなかったといいます。
「役者は、わからなければ演じられない」
という言葉も重かった。
なんとなく字面を声にするだけでは、演じたことにはならないのです。
役を、把握しなければ。
平さんは、その場面、その1つのセリフだけでも
できるだけ自分にわかる感触にひきつけて、
実感のこもったものにしようと努力した、といいます。
実際の映像を見てみると、
そんな苦しみなど少しも見えず、
舞台の上で堂々と、一人の人間として生きている。
大仰すぎない、けれどよく通る慈愛のこもった声で、
あるときはやさしく、あるときはユーモアもこめ、
あるときは激しく語っていました。
彼はシェイクスピアの全作品をやる、と宣言しているそうです。
初めて知りました。
この前、唐沢さんで見た「冬物語」も、演じていらっしゃるんですね。
見たかったなー。
これからも、平さんからは、目が離せません。

舞台の最近記事

  1. 動画配信を始めました。

  2. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  3. 8月・カンゲキのまとめ

  4. 青年座「DNA」@シアタートラム

  5. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP