映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 9 view

扉座「神崎与五郎東下り」@座・高円寺

「相棒」で鑑識の米沢さんをやっている六角精児と
歌舞伎の女形・市川笑也が
同じ板の上で芝居をやるっていうのは、ちょっと想像できない。
でも、それが扉座の妙。
六角さんは、扉座の草創期からのメンバーだけれど、
最近は舞台から遠ざかっていた。
私も舞台で見るのは初めてだ。
多くの実力ある舞台俳優が、テレビでは脇役にまわる。
(「相棒」なんか、六角さんは出るは大谷さんは出るは、
ほんとに芸達者な人たちが脇を固めているぜいたくすぎるドラマなんだから)
茫洋として風采のあがらない、といったイメージそのままで
アル中一歩手前のタクシー運転手・ウサさんとして登場した六角さんの、
実はかつて将来を嘱望されていた舞台俳優であった過去が判明。
そんな彼が再起の舞台に全力でぶつかる、となったときの、
ギアチェンジのしかたが実に見事!
彼が忠臣蔵外伝の一つ「神崎与五郎東下り」の中で、
馬子の丑五郎を演じると、
その台詞回しのたしかさ。
あるいは、
インネンをつけるときに光る狂気の目。
かと思えば、
相手役をいじりまくり、観客にまでサービスするアドリブ精神。
その才気煥発に、六角さんがどんどんいい男に見えてくるからフシギ。
すごい役者だな~、と感心してしまった。
笑也さんは、この前四谷怪談で素晴らしい演技を見せてくれた
美しい女形。
劇中劇の稽古の場面で見せた女形の片鱗は、さすがだ。
ただし今回は男役、それも現代劇は初めて、という。
本人もパンフレットで漏らしていたけれど、
「歌舞伎役者は台詞まわしが遅い」ので、まわりと合わせるのが難しいらしい。
初日ということもあり、まだ完全にこなれた風ではなかった。
私が大好きな岡森諦は、ウサさんの先輩・腰が低くてやさしいカメさん役。
彼は最後に講談までやってのける。
(本人曰く「超・講談」というが)。
最初は1人で始めたカメさんの講談に、ウサさんが参入、
いつのまにか講談が芝居「神崎与五郎東下り」のクライマックスになだれ込む。
登場人物が本心をかくしつつ、「演技」でウソをつくところが
この話のモチーフとなっているのだが、
最終的にウサさんのついたせつなく温かいウソが、
カメさんに届いているのかいないのか。
「エースをねらえ!」で岡ひろみがお蝶夫人と戦いながら、
お蝶夫人の気持ちをしっかりと理解するように、
カメさんにもウサさんの気持ちが伝わっている、いてほしい、と
心から願う幕切れだった。
現代劇あり、歌舞伎あり、講談あり、「おやまルンバ」あり。
話のトーンも笑いあり、涙ありの盛りだくさん。
「神崎与五郎東下り」は東京・高円寺の「座」で、今月いっぱい。
楽しいです!

舞台の最近記事

  1. 内博貴主演「シェイクスピア物語」

  2. 演劇界休刊の衝撃

  3. 動画配信を始めました。

  4. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  5. 8月・カンゲキのまとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP