映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 11 view

「ヘアスプレー」

この前まで、オーチャードホールで舞台をやっていた「ヘアスプレー」。
今度は、映画で上陸です!
全編、歌、歌、歌。そして踊り。
舞台を観に行った人は、またあの歌声に会える、ダンスに会える!
舞台を見損なった人は、
新たに感動のシャワーを浴びるチャンスです。
舞台では、「肉弾」のダイナマイトさに圧倒されるので、
「メタボでも大丈夫!明るく生きましょう!」的なシアワセ感がもっとも強いんだけど、
映画の方は、
どちらかというと、ブラック・パワー爆発で、
「う~ん、これがアメリカのエネルギーなのね~」と実感します。
あと、
主役がぞっこんのロカビリーなイケメン、リック役のザック・エフロンが
もうもうもうもう、ものすご~くカッコイイの~!!
歌も踊りも言うことなし、
キャラ的にも舞台では強調されていた「カッコつけ」がなく、
とても好感が持てる人柄になっています。
主役トレーシーのママ、エドナ役のジョン・トラボルタは、
「え?トラボルタ?」と、言われなければわからない化けようです。
とっても女性らしい。
これはビックリ。
ただ、舞台のエドナ、ジェリー・オーボイルの迫力には
ちょっと届かなかったな?
ていうか、これ、舞台と映画の違いですね。
舞台は非日常、映画は日常を写している。
アップもあるし。
トレーシーのパパは、舞台でははっきりユダヤ系だったのに、
そこらへんはカットされていました。
パパに関しては、私は舞台のダン・フェレッティに軍配を上げる。
ダンとジェリーの歌って踊る「You are timeless for me」は、
フレッド・アステアばりで、夢見るようだった。
クリストファー・ウォーケンは、映画俳優であってミュージカル俳優ではなかったようだ。
映画での出色は、
なんといっても敵役のミシェル・ファイファー。
元ミスコンの女王、今プロデューサーという「業界で泳いできた女」を
ものの見事に演じている。
とっても魅力的な悪女だった!
ミュージカル映画のトーンとしては、「グリース」かな?
これもトラボルタでしたねー。
60年代というのは、アメリカの白人にとって古きよき時代であり、
黒人にとっては、「ここが権利獲得の始まり」といったメルクマールでもある。
懐かしさだけでは描けない60年代を、
うまく料理した「ヘアスプレー」。
エンディング・ロールのデザインがまたステキ。
最後の最後まで、60’sを楽しめるこの映画は、10月半ばに公開です。
お友達をさそって行くと楽しいですよ。
気がつくと、右に左にカラダを揺らし、アナタも踊っていることでしょう。

舞台の最近記事

  1. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  2. 8月・カンゲキのまとめ

  3. 青年座「DNA」@シアタートラム

  4. 「ブラッケン・ムーア 荒地の亡霊」@シアター・クリエ

  5. KバレエYOUTH「くるみ割り人形」@オーチャードホール

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP