映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. その他のカルチャー
  2. 10 view

IVIチャリティコンサート2007韓流フェスタ in Osaka

もう明日のことなんですが。
京セラドーム大阪(今はこういうんですねー!)で、
ソン・スンホンら韓流スターが参加して
「IVIチャリティコンサート2007韓流フェスタ in Osaka」
が催されます。
「IVI」とは「国際ワクチン研究所」の略称で、
発展途上国の、特に子どもたちを救うため、ワクチン開発を行おうという国際機関です。
韓流スターが集まる理由は、この研究所の世界本部がソウル大にあること。
ドームに2万人を集めようというのだから、
日本の韓流ブームの経済効果たるや、とうとう「世界を救う」ところまで来ました!
日本からも、参加者がいますが、
今日紹介したいのは、そのうちの一人、シャンソン歌手の水織ゆみさん
水織さんは、韓国で日本語の歌が解禁になった時から韓国でコンサートをしてきました。
1回目は「日本の着物(和服)は着ないでください」と言われたのが、
2度目からは、和服もOKになったということなど、
人々の草の根の交流が、いかに理解を深めるかを肌で感じてきた方です。
今回、「単なる韓流スターのコンサートにするのでは、IVIが開催する意味があるのか?」
というスタッフの気持から
彼女のオリジナル「命の絆」という歌を、
コンサートのイメージソングとして歌うことになりました。
この歌の歌詞は、毎年秋に早稲田大学の学生会館で開かれている「命のメッセージ展」を見て、
深い感動を覚えた水織さんが、
「生きたいのに生きられなかった人」たちに思いをはせ、その日のうちにできたといいます。
今回、「生きたいのに生きられない」人々を救いたいという願いをこめて
IVIのチャリティコンサート用に新たに詞を書き、披露するということです。
歌というもの自体が、人を元気にする力をもっています。
「今、自分に何ができるか」
常に使命感をもって歌い続ける水織さん。
明日、ドームに行く人へ。
「あの人、だれ?」って思うかもしれませんが、
とっても素敵な日本代表です。
ぜひ、応援してください!

その他のカルチャーの最近記事

  1. 「知らない人」を入れることになったキアリス

  2. 朝ドラ「べっぴんさん」見てますか?

  3. 「乙女のポリシー」@美少女戦隊セーラームン

  4. 「あさが来た」と「エースをねらえ!」

  5. 朝ドラ「あさがきた」がスカーレット・オハラな件

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP