映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. その他のカルチャー
  2. 5 view

辛島小恵のコンサート

東京・築地にある浜離宮朝日ホールに、
辛島小恵さんのコンサートに行ってきました。
辛島さんは去年、
帝劇ミュージカル「レ・ミゼラブル」でコゼット役デビュー
クラシック畑からミュージカルへと活動の場を広げています。
今回のコンサート「サエッセンス」も
「マイクを持ってのファースト・コンサート」と位置づけ、
意欲的にミュージカルナンバーに取り組みました。
「サウンド・オブ・ミュージック」「キャバレー」「ジキル&ハイド」
「エリザベート」「ジーザス=クライスト・スーパースター」「コーラス・ライン」
「オペラ座の怪人」もちろん「レ・ミゼラブル」
また、「蘇州夜曲」や「東京ブギウギ」などの昭和の名曲やシャンソンなども披露、
サラ・ブライトマンの歌で有名な「Time to say Goodbye」も歌いました。
さすが桐朋音楽大学の声楽家を首席で卒業しただけあって、
コロコロと鈴の音をころがすような高音は見事。
エリザベート、クリスチーヌといった役どころには、その声がぴったりだと思いました。
「蘇州夜曲」もきれいでした。
逆に、「キャバレー」など、人をくったような演技や味のある歌い方が要求される曲は、
まだまだ歌を自分のものにできていなかった。
「東京ブギウギ」のような、うねるようなリズム感が要求されるものも、
歌いこなせていませんでした。
高音域に入ると力強く伸びていく声も、
中音域では地声で処理できず、裏声になってしまうのでパンチも半減、
歌詞が生み出す世界を伝えきれていませんでした。
壮大なミュージカルの中の一曲を切り取って、
たった3分間で観客を引きつけるというのは、
本当にものすごいことなんだな、と改めてミュージカル・スターたちの実力に脱帽。
同じAメロを、何通りにも歌い分け、
喜びを、悲しみを、不安を、希望を、からかいを、自在に表現しているんですから。
辛島さんも、「力強いピアニッシモ」を獲得し、
声帯を十分に震わせないで済む一見「楽」に思われる中音域を、
高音域より丁寧に歌って人生をこめられるようになれば、
きっともっとよくなると思いました。
井上芳雄も言っていた。
「音符どおり、きれいに歌う」だけではなく、
きちんと歌詞がセリフとして心に届く歌い方が
ミュージカルでは求められているのです。

その他のカルチャーの最近記事

  1. 「知らない人」を入れることになったキアリス

  2. 朝ドラ「べっぴんさん」見てますか?

  3. 「乙女のポリシー」@美少女戦隊セーラームン

  4. 「あさが来た」と「エースをねらえ!」

  5. 朝ドラ「あさがきた」がスカーレット・オハラな件

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP