映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. その他
  2. 14 view

わが町にもBOOK OFFがやってきた

開店まもないブックオフに行ってきました。
すごい数の書籍・DVD・CDです。
本がたくさんあると、見ていて飽きません。
飽きませんが……。
「105円コーナー」をまわっていると、
悲しくなってしまいます。
文庫も新書も、ハードカバーも、
ぜーんぶ105円。
もし自分の著書がここにおいてあったら、
ものすごく悲しいだろうな。
何冊売れても印税は入ってこないし。
印税入らないのは他の古本屋さんでも同じだろうけど、
内容には一切関係なく、
一点でも「しみがある」とひきとってくれない、
というシステムの中でしか選ばれない「本」を
自分は書いたのか、と思ったら、
きっとやる気なくすよね~。
一方で、
買う身となれば「安ければ買いたい、読みたい」。
図書館で順番待ちするより、今買いたい。
安ければ。
昔からの古本屋さんで、「読みたい」という本を見つけたとする。
値段が安ければ、もちろん買う。
まっ茶色に焼けたボロボロな本が100円や50円になっていたら、
「外見」がボロボロだから「中身」を安く手に入れられたって
ホクホクだ。
逆に値段が高かったら。
「そうか、それほど貴重な本なんだ。ほかでは見つからないかもしれない」
と考えて、買おうとする。
あまりに高ければ、泣く泣く見送る。
そうか。
私は古本屋さんの目利きを信じてるんだな。
同じ、本の「中身」を愛する同志として。
でもブックオフでは。
「あの105円とこの650円と、どこがちがうの?」と思ってしまう自分がいる。
同じくらい新品同様で、このまま普通の本屋で売れるようなものなんだから。
罪悪感と、不信感と。
自分の中の矛盾を感じる。
だから。
少なくとも自分が本を売るとき、
「好きな本」はブックオフには売るまい。
好きな本は、価値のわかってくれるヒトに、売りたい。

その他の最近記事

  1. 演劇界休刊の衝撃

  2. サイト内検索ができるようになりました

  3. 「ガムザッティの感動おすそわけブログ」2006年〜2019年の道のり

  4. 現在のアクセス数

  5. 新年のご挨拶

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP