映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 7 view

「ネクスト・トゥ・ノーマル」

トニー賞は、下馬評どおり「ビリー・エリオット」が一人勝ちでしたね。
でも私は、
「ネクスト・トゥ・ノーマル」に興味を持ちました。
一部が紹介されただけなのですが、
最優秀主演女優賞を獲得したアリス・リプリーの声には、
ものすごくひきつけられました。
ちょうど昨日、「カンパニー」をテレビで見ていて、
(というか、忙しくてちゃんとは見られなかったのですが)
いい声をしてるし、ハーモニーもきれいだけど、
コトバが直接入ってこないって、やっぱりハンディだな、と思ったんです。
何気なく聞いてるだけじゃ、感動しない。
でも。
「ネクスト…」は違った。
簡単な英語が多かったのはたしかだけど、
(そして字幕もあったけど。字幕は「カンパニー」もあった)
そうじゃなくて、
魂からあふれてくる心情に共感してしまったの。
「わかるよっていうけど、あなたはわかってなんかない!」という、
夫が妻に抱く感情。
それが、彼女の「声」で心に響いてくる。
娯楽的なお話じゃないみたいだけど、
目が離せないというか、
もし日本で公演をするのなら、絶対に観に行きたいと思いました。

舞台の最近記事

  1. 内博貴主演「シェイクスピア物語」

  2. 演劇界休刊の衝撃

  3. 動画配信を始めました。

  4. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  5. 8月・カンゲキのまとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP