映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 舞台
  2. 12 view

「ドン・キホーテ」

熊川哲也のバレエを観たことのない人、
最近、観始めた人にすすめるのが「ドン・キホーテ」のDVD
粒揃いのKバレエDVDの中にあって、
これは完成度も高く、万人向けで絶対買ってソンはない。
熊川と「ドン・キホーテ」の関わりは深い。
跳んで回って、という男のダンサーにとって見せ場の多いこの演目は、
熊川の十八番として、常に熊川とともにあった。
1989年、ローザンヌ国際バレエコンクールで金賞を受賞した時踊ったのも、
1993年、英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルになったきっかけの舞台も、
1994年、日本で初めて全幕の主役を踊った舞台も、
1997年、英国ロイヤルバレエ団来日公演で初主役を踊った舞台も、
みなこの「ドン・キホーテ」だった。
ロイヤルでの公演回数もかなりなものではないだろうか。
様々なゲスト出演公演でも、グラン・パ・ド・ドゥを披露してきている。
1992年、ローザンヌコンクール・記念ガラ公演で、
やはりローザンヌコンクールで頭角を現した吉田都(期は違う)と組んで踊ったこともあった。
その熊川が「決定版」として作り上げたKバレエのドン・キホーテなのだから、
面白くないはずがない。
熊川の見せ場がたっぷり。その超絶技巧にうなる回数数知れず。
お茶目な喜劇として、登場人物一人ひとりが生き生きと描かれていて、
「踊りの名場面はいいけど、つなぎの部分がつまらない」ということがない。
大体、「ドン・キホーテ」といいながら、主役はバジルとキトリという若い男女で、
セルバンテスも真っ青なくらいキホーテ翁は刺身のツマといった感のあるこのバレエで、
これほど「ドン・キホーテ」の場面が多く、それも楽しい舞台もあまりない。
また、第二幕の最初の場面は熊川版オリジナルだが、
幕が開いたその瞬間から心奪われ、美しいセレナーデに酔わせてくれる。
珠玉のバ・ド・ドゥ。
踊りを多様化するために場面を変えてみました、といったよくある場当たり的なシーンの連続でなく、
バジルとキトリ、恋する二人の決意の逃避行が、心にしみる。
私は、何度も彼の「ドン・キ」を見ているけれど、
一度として同じだと思ったことはない。
回を重ねるごとに、彼は今求めているものを踊りの中に取り入れ、
最高のパフォーマンスを披露してくれる。
じゃあ、昔のドン・キより今の方が数倍いいか?と聞かれたら・・・。
16歳の熊川の、素晴らしいソロは、今見てもまったく見劣りしない。
どれが一番、などとはいえないくらい、熊川とバジルは一体化しているように感じる。
ただ、一つだけいえる事。
私は、全幕の最後の最後に踊られるグラン・パ・ド・ドゥが大好きだ。
そこだけ切り取って踊ったときよりも(それもすごいんですが)
バジルとキトリの結婚式の踊りとしてのパ・ド・ドゥが。
きっと、二時間半の物語を、舞台上のダンサーと一緒に過ごした後だからだろう。
恋の成就に華やぐ二人の高揚が、見ているこちらにも乗り移ってくるのだ。
彼らもまた、体の中に熱い恋の歴史を宿して踊っているのではないだろうか。
7月には新国立劇場でこの「ドン・キホーテ」が再演される。
短期間の公演だし、キャストもいろいろで、チケットも今からでは手に入りにくいとは思うけれど、
もちろんナマに勝るものはない。
もし可能なら、劇場へ、GO。
観ると、やっぱりDVDほしくなりますよ!

舞台の最近記事

  1. 内博貴主演「シェイクスピア物語」

  2. 演劇界休刊の衝撃

  3. 動画配信を始めました。

  4. 「桜姫〜燃焦旋律隊殺於焼跡」@吉祥寺シアター

  5. 8月・カンゲキのまとめ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP