映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 8 view

「わたし、このままでいいの?」


わたし、このままでいいの?
人間、転機というものがある。
今の自分ではいけないと思いつつ、
現状と理想のギャップに苦しむ毎日。
あるいは、自分の理想なんか思い描けず、
ただただ、「今」にからめとられて立ち往生するだけ。
悩んでいても口にできない、そんな悶々とした日々。
そんなときに、
1冊の本に出会う。
ちょっとした広告に目が吸い寄せられる。
そして、
絶対に無理だと思っていたその「一歩」を
踏み出すことができる。
アイム・パーソナル・カレッジというところは、
変わりたいけど変われない人、
今の自分に本当の自分が押しつぶされそうな人の迷いを、
ベリベリっとはがしてくれる場所です。
そのアイム・パーソナル・カレッジが
創立20周年を記念して作られた本が
わたし、このままでいいの?」です。
20年の間に卒業した生徒たちは1600人にのぼります。
創立10周年で作られた「平成おんな大学」のpart2として作られた
わたし、このままでいいの?」は、この10年の卒業生を代表する25人の手記。
アイムでの濃密な1年間を必死で学びぬき、
自分の作ったオリの、
自分でかけた内側のカギを開け、
自分を救った人たち25の物語が、この本につまっています。
・毎日がなんとなく不満なあなたへ
・ただのOLで終わりたくないあなたへ
・主婦業界になじめないあなたへ
・好きなことを仕事にしたいあなたへ
・介護があって働けないあなたへ
・今の自分を変えたいあなたへ
・「もう年だから…」と思っているあなたへ
・何かしたいけど、何をしていいかわからないあなたへ
・離婚を迷っているあなたへ
・健康に自信が持てないあなたへ

これらは、この本の目次です。
何歳でも、主婦でも独身でも離婚してても、
キャリアがあってもなくても、
自分らしく生きたいと思っている人には誰にでも、
自分らしい明日が待っている。
まず自分が、自分を信じて行動する勇気を、
そして行動するパワーを、
この本は、そしてアイムはプレゼントしてくれます。
11/28、アイム・パーソナル・カレッジ創立20周年の記念パーティーに出席し、
たくさんの先輩・後輩・そして同期と会い、
そしてこの本を読んだら、
ああ、もっともっとがんばらなくっちゃ!と
本当に卒業生たちのパワーに感服してしまいました。
そして
ああ、ここの卒業生だということを、
私は誇りに思えると、心底思いました。
「女は窮屈だと思っていたけれど、
 女は何でもできるんですね」
昨日同席した方(在校生のご家族)の一言が、
奇しくもすべてを語っていると思いました。
いろいろな可能性を見せてもらった一日でした。

本の最近記事

  1. 「桜桃忌」に寄せて

  2. 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」@村上春樹

  3. 「ヴィヨンの妻」@シネマナビ342

  4. 「人間失格」@シネマナビ342

  5. ユゴー「クロムウェル序文」と「エルナニ」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP