映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. 8 view

「イメージングダイエット・聴くだけでやせるCDブック」


聴くだけでやせるCDブック
マユツバもんだと思うでしょう?
ちょっと、ありえませんよねー、「聴くだけでやせる」!
でも、
薬品などとちがって、絶対副作用はないはずだから、と
友達から借りてみました。
この本のいいところは
「CDから聴きたい人は、まずCDを、
 本を読んでから試したい人は、まず本を」というスタンス。
「どうして効くのか?」をアタマでわかりたい場合は、
先に本を読んでくれ、というのです。
「なぜ?」「どうして?」にこだわり、
部屋を片付けるにも、まず本を読んで片付け方を研究するところから始まる
超・左脳人間の私は、
とりあえず、読むのを先にしました。
すると、これがなかなか面白い。
「食べちゃいけない、と思うと、食べたくなる」
「ウエストをしぼらなきゃ、と思うと、ウエストは太くなる」
「やせたね、と言われて、どこが?と答えた瞬間に、あなたのカラダはやせるのをやめる」
どうです?
リクツはわからないけど、
なんか、そんな感じ、しますよね。
鏡にカラダを映して、「ここが太い、ここがミニクイ」と現実を受け入れてちゃダメなんだそうです。
思い浮かべましょう!スレンダーな自分を!
モデルのように、美しい曲線美を!
なりたい自分になった自分を!
・・・すると、カラダは自然にそうなっていくんだそうな。
スポーツ選手が
勝った時、ライバルを打ち負かした時、フィニッシュを決めた時をイメージするように、
私たちは、
「やせたアカツキの自分」を日々イメージし続けるのです!
この本、はまります。
ものすごい自己肯定。でも「太っていていい」の自己肯定と違う。
ケンシロウじゃないけど
「お前はすでにヤセている」状態。
思うように体重が減らずにウツウツとしていては、カラダにもココロにもよくない。
とりあえず、ハッピーになります。
何となく、カラダにいい食生活をしたくなります。
本を読んでハッピーになった私は、
続けてCDを聴いた。
・・・やはり右脳人間にはなれなかったのか、CDはイマイチ自分にあってなかった。
だからヤセテナイです、というのは言い訳ですが・・・(苦笑)。
人によってはCDでハッピーになるかもしれません。
私はCDを続けていないので、
この本が「ダイエットに効く」かどうかはわかりません。
でも
この本を読んで、ハッピーになった。
これは、実感です。
たしかに、
自己暗示って言ったらそれまでだし、
現実逃避とも思える。
でも、太っている自分がイヤでイヤで
やせられさえすれば、あれもこれもできるのに、と
何もできずに悶々としているよりは
少し前向きで、たくさん行動的になれる気がします。
自分が考える、もっともステキな自分を思い描き、
そういう自分として生きていく。
これって、すばらしいことですよね。
充実感も増すし、背筋も伸びる。顔も輝くのでは?
そうそう、もう一つ、ステキだな、と思った本の中のフレーズを。
「寝る前に、ベッドの中でニコッと微笑んでから寝る」
すると、シアワセになれるみたいですよ。
少なくとも夢見は悪くないかも。
どうせ一度っきりの人生。
「今」を理想の自分で生きてみませんか?

本の最近記事

  1. 「桜桃忌」に寄せて

  2. 「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」@村上春樹

  3. 「ヴィヨンの妻」@シネマナビ342

  4. 「人間失格」@シネマナビ342

  5. ユゴー「クロムウェル序文」と「エルナニ」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP