映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. その他
  2. 19 view

加藤周一さん、逝く

加藤周一さんが亡くなった。
享年89歳。
加藤周一さんの著作に出会ったのは、高校生のときだ。
友人から「羊の歌」「羊の歌(続)」を紹介された。
ヨーロッパの文化と精神を身につけ、
日本人としては珍しいほどの個人主義を掲げる加藤氏。
彼のいう個人主義とは、
単なる自己主張のカタマリといった低次元のものではなく、
一人の人間として一人で立つことの潔さであり、
孤独であり、孤高であり、
世間の風を真っ向から受けても揺るぐことなく
全世界を敵にまわしても冷静に、論理的に、持論を主張し続けることである。
「少数意見」の中にこそ、民主主義の真髄が隠されていることは、
やはり先ごろ亡くなった筑紫哲也氏も口にしていた。
大きな声で唱えられると、そちらのほうになびいてしまいがちな、私たち。
知り合いや利害関係のある人に、反対意見がいいにくい、私たち。
いつまでもこだわって周りに合わせられないと、ヒンシュクを買う共同体。
21世紀になっても、
「空気読めよ」が「KY」になって生き続ける社会だ。
大きな戦争を経て世の中の体制ががらりと変わってもなお、
私たちの精神性は、ちっとも変わっていないことに気づかされる。
一人でも叫び続けること。
その痛さを誇りに思うこと。
彼の著作を読み倒したわけでもない。
「羊の歌」と「夕陽妄語」しかしらずに何をほざくかと思われてしまうかもしれない。
しかし、
そこに加藤周一がいてペンをとり、世の中に何かを申し立てている、
その存在感だけで、
彼は「かつてあった戦争」と「その戦争を許した日本人の精神構造」を私たちに示し、
知らぬ間に「いつか来た道」へ逆戻りしないよう警鐘を鳴らしてくれた。
日本語を愛し、日本文学を愛し、日本を愛し、
それゆえに日本を叱咤し続けた一人の知識人の死を惜しむ。
合掌


夕陽妄語(8)

その他の最近記事

  1. 演劇界休刊の衝撃

  2. サイト内検索ができるようになりました

  3. 「ガムザッティの感動おすそわけブログ」2006年〜2019年の道のり

  4. 現在のアクセス数

  5. 新年のご挨拶

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/nakanomari/gamzatti.com/public_html/wp-content/themes/zero_tcd055/comments.php on line 145

PAGE TOP