映画・演劇・本・テレビ、なんでも感動、なんでもレビュー!

  1. その他
  2. 12 view

横浜・馬車道のレストラン「ポン・ヌフ」

ポン・ヌフというフレンチ・レストランに入りました。
県立博物館の斜め向いにある馬車道スクエアビル2階です。
外階段を上ると、中華料理屋さんとか飲み屋さんとかがあって、
「え? こういうところ?」ってちょっと違和感ありますが、
「ポンヌフ」自体の入り口は落ち着いていて、中に入ると外で予想したよりずっと広くて
とても快適な空間です。
今回は3800円のコースに赤ワインをグラスで一杯(830円)をつけました。
写真にはありませんが、
まずはカニ肉とコンソメジュレのアミューズ。
量的にも見た目も少なめだったんで、正直、最初はがっかりしたんですが、
一口食べてみて、もう感動!
カニの味が口の中にぐわーっと広がり、見た目よりずっと量も感じられ、
大満足。
この先のお料理がとっても楽しみになりました。
そういう意味で「アミューズ(amuse)=楽しみ」だったのかー!っていう感じです。


ホタテやエビをふんだんに使ったオードブルもおいしくて、
特にアサリで仕立てたソースが抜群に美味。
パンにつけてきれいにお皿をぬぐってしまいました。
パンはバケット。自家製ではないということですが
サーヴ直前に再度オーブンで焼いてくれるため、
軽くてパリッとしてます。おかわり自由なのもうれしい。
メインの前にお口直しの冷製スープ。
カボチャのビシソワーズです(これも写真なし)。
タマネギの風味が勝った、爽やかな一品。
ちょっとざらついた舌ざわりで、手作り感も一緒に味わえます。
メインは、骨付きの仔羊肉のロースト。

柔らかくって牛フィレのステーキにも負けない味の深みが!
素材の味、ソース、ともに文句なし。
クリームのようになめらかなマッシュポテトも添えてあります。
仔羊好きの息子を連れてきたい!
ボリュームも満点です。
お食事もおいしかったですが、なんといってもガトーショコラが最高!
洋梨のタルト、栗や桃などのアイスなど、たくさんのメニューから選べるので
とっても迷ったんですが、
「ガトーショコラは定番です。シェフが絶対切らさないようにしています」とのこと。
「絶対切らさない」の一言に、意地と誇りが感じられたので、
きっとこのお店の一番の売りなんじゃないか?と思って注文したら…
んもう、これが最高においしかったんです!

真っ黒なガトーショコラって、
「重い」「どっしり」「一口でおなかいっぱい」みたいなイメージありません?
それが、全然違うの!
味はしっかりしてますが、ふわサクな感触にビックリ!
出来立てスフレと間違えそうなくらいです。
その上、大きいし、クリームもフルーツもたっぷり。
大、大、大、大、大満足です。
今回は、一人だったんでワインはグラスで。
おすすめの赤ワインは、深みのあるボルドーで、コクもありました。
ワインリストも非常に充実していましたし、
グラスワインでこれだけの味のものを出してくれるのですから
二人以上で行ったらハーフのカラフェかボトルで赤・白とも楽しみたいもの。
ボトルは5000円前後から8000円くらいでおいしいワインが楽しめそうです。
トイレにさりげなくルイ・ジャドの刻印のついた木組みなんかがおいてあって、
ちょっとニクイです。
格安レストランではありませんが、
量・味、ともにコストパフォーマンスは抜群です。
一つひとつのお皿を、とても丁寧に作っている感じが漂ってきます。
温かいものは温かく、冷たいものは冷たく、
シャキッと、柔らかく、なめらかに、あるいはピリッと、
素材を生かしてもっともいい状態で出してくれる、
良心的なレストランだと思います。
ランチだと、1000円くらいからいただけるので、
とにかく横浜・馬車道に行ったら寄ってみてください。
月曜日は定休。
昼は平日は11時半からで、昼休みに入るとかなり混むとの情報あり。
お時間に融通の利く方は、お早めあるいは1時くらいにどうぞ。
土・日・祝日は12時からがランチタイムです。

その他の最近記事

  1. 演劇界休刊の衝撃

  2. サイト内検索ができるようになりました

  3. 「ガムザッティの感動おすそわけブログ」2006年〜2019年の道のり

  4. 現在のアクセス数

  5. 新年のご挨拶

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: Undefined variable $user_ID in /home/nakanomari/gamzatti.com/public_html/wp-content/themes/zero_tcd055/comments.php on line 145

PAGE TOP